偏頭痛の病院と治療について

偏頭痛の病院と治療について

偏頭痛がひどい。頻繁に頭痛が起きて仕事や家事も手に着かないことがたびたびある。
脳疾患がないかどうかという検査も含め、一度きちんと医療機関を受診したいけれども、
一体何科を受診すればいいの?偏頭痛に特化した病院や科が設置されていないことも
多いので、どこに行ったらいいのか解らない患者さんも多いと思います。

 

そんなときには日本頭痛学会の検索機能が有効かもしれません。

 

身近に医療機関があればいいのですが

お住まいのすぐ近くにある医療機関は、クリニックや医院などでしょうか?
総合病院などではない限り、外科や内科といった診療科がほとんどですよね。
大きな総合病院や大学病院でも、偏頭痛で悩まれているときに何かを受診すればいいのかは、
とても解り難いと思います。

 

頭痛を診察してくれる科は、病院によって脳神経外科であったり神経内科であったり、
内科であったり精神科であったりと、バラバラで統一されてはいないのです。
近年では偏頭痛に悩む方が多くなっているため、頭痛外来を設けていたり、
ペインクリニックという痛みを専門にする病院もありますが、まだまだ数が少ないのが現状です。

 

頭痛を専門的に診察してもらえる病院が網羅されているわけではありませんが、
日本頭痛学会という社団法人の公式サイトの中に、全国の頭痛専門医の一覧表があります。

お近くの専門医を検索できると思いますので、アクセスしてみることもおススメですよ。

 

頭痛日誌をつけることが多い

私自身はペインクリニックで偏頭痛の治療を行いましたが、治療内容は問診と投薬。
頭痛日誌の記録というものでした。頭痛日誌や頭痛ダイアリーは多くの専門医で
採用されていると思いますが、頭痛が起こった日付・頭痛の程度・頭痛の症状・頭痛の
継続時間・服用した薬・薬の効果の有無。などを継続して記録していきます。

 

これによって、どんなときに偏頭痛が起こりやすいのか、症状が悪化しやすいのか。
という傾向が掴める利点があります。

 

投薬治療は消炎鎮痛剤と血管収縮剤

頭痛専門科で処方される薬は、多くの鎮痛剤の中心である消炎鎮痛剤と、
偏頭痛に有効な血管収縮剤になります。薬物乱用性の頭痛になってしまっている場合は、
抗鬱剤や精神安定剤といった投薬もありますが、通常であれば鎮痛剤と血管収縮剤の
2種類だと思います。

 

吐き気を伴う偏頭痛の方に内服薬は効果的ではないかもしれませんが、
点鼻薬などもありますので、症状に合わせて柔軟に対応してくれますよ。